CeVIOの使い方3(TMG、PIT、VOL編)

前は嫌いだった調声が最近好きになってきた今宵茉露です。
今回はCeVIOのTMG(タイミング)、PIT(ピッチ)、VOL(ダイナミクス)の使い方を僕なりに紹介していきますです。

・TMG

・母音と子音ごとに1本のピンク色のラインと4本の青いライン

ピンクのラインは歌いだしの位置
青いラインは口を開けてから閉じるまでの位置
を調整できます。

編集にはえんぴつツールを使用します。

ピンクのラインは下のアルファベット表記の位置で移動すると前後の青い4本のラインも同時に移動します。
アルファベット表記の場所より上で移動するとピンクのラインのみ移動できます。
青い四本のラインは下のアルファベット表記の場所より上の位置で調整します。

間違えた時は消しゴムツールでラインをなぞると元の位置に戻ります。
・子音
子音は歌い出しの位置のなので基本ピンクのラインは動かさない方が良いと思います。
母音は子音より離すとねっとり歌う感じになります。
近づけると発音が少し早くなります。
また、TMGをいじるとPITとVOLも変わるので調整はTMGからやった方が良いです。

・母音
よくいじるのは4本目のライン
発声がよくない時は後ろにずらすとはやく口を閉じるので次の音の滑舌がよくなります。
あまり強く発声させたくない時は後ろにずらしたり後のピンクのラインにつけたりします。

他のラインの移動でアクセントの位置を調整できます。
どこで口を開けさせるかでVOL、PITが変わるので表情を付けられます。

歌詞と歌詞の間にもラインがあって、息を吸うタイミングの調整に使います。
青いラインの3本目が息を吸う位置、4本目が止める位置になっています。

TMGは滑舌の改善とアクセントの位置の調整に使ってPITでシャクリ上げやフォールを描いていきます。

・PIT

元のピッチが緑色、描いたピッチが黄色、グロウル(シャウト)が白になります。
(白と緑のシマシマとか僕は好きでたまにやります)
編集にはえんぴつツール使用。
消しゴムツール選択後Shift押しながらラインをなぞるとグロウル(シャウト)になります。
修正は消しゴムツールでなぞると消えます。
自動で緑のラインに戻るので途中で切りたい時は音符の長さかTMGで元のラインを短くする。
僕はビブラートも手書きしてます。

・VOL

音の大きさなので抑揚をつけるのに使います。
元のピッチが青色、描いたピッチが黄色、になります。
編集にはえんぴつツール使用。
修正は消しゴムツールでなぞると消えます。
自動で青のラインに戻るので途中で切りたい時は音符の長さかTMGで元のラインを短くする。

以上です。
歌声によって各パラメーターが違うのもCeVIOの特徴でTMG、PITなんかは同じ音符と歌詞打ち込んでも全然違くなります。
まぁ、僕はONEとハルオロイドしかいじったことありませんが;

それではまたいつかどこかでノシ

2019年8月23日