Mixの基本2(compコンプレッサー)

1記事書くのに1時間もかかってる今宵茉露です。;
もう文才なくてね説明も分かりにくいかもとかね思うわけですよ。

コンプレッサーの基本
・いらないノイズは除去しておく
・2回に分けてかける

コンプレッサーとは何なのか?
圧縮です!w
わかりやすく言うと大きいものを潰して小さいものろ大きく整える。(実際には小さいものを大きくしているわけではないのですがまぁそうなるってことで)
なので小さいノイズが入っているとそれも大きくなってしまいます。

2回に分けるのは最初に大きいのを潰す設定でかけて次に全体を持ち上げる設定でかけるため。

コンプレッサーの設定
・スレッショルド
潰す設定ですw大きいものを潰すってどこからが大きいものなの?ってことでここで設定した数値より大きいものを潰します
・レシオ
どの位潰す?って設定。○:1での表記が基本で1/○まで潰すって意味です。
・アタック
どれくらい時間をかけて潰すかの設定。単位は基本ms。1ms=1/1000秒
・リリース
スレッショルドより小さくなった時どれくらいの時間コンプレッサーを効かせるか。単位は基本ms。
・ゲイン
大きい音を潰して小さくなったのでどれくらい大きく戻すかの設定。

種類によって
・ミックス
コンプレッサーがかかってる音をどれ位混ぜるか
・ニー
スレッショルドで設定した辺りの効き具合の設定(自然に潰すか、いきなり潰すかの設定)

インサートしただけでは効かないので設定すること
インプットレベルによって設定を変える

設定例
・自然な仕上がりに
スレッショルド-ゲインリダクション-6dbまで
レシオ-2:1~4:1
アタック-遅め
リリース-早め
ソフトニー

アタックとリリースの感覚
・アタック-早くすれば柔らかい音、遅くすれば固い音になる
・リリース-早くすれば余韻が目立つ、遅くすればタイトになる

歪ませて馴染ませる
・アタックとリリースを最速にしてレシオをがっつり効かせると歪む

僕の場合は最初のコンプレッサーでゲインリダクション-3~-5dbのスレッショルド
レシオ4:1
アタック、リリース毎回違うけど20msと仮定
二回目のコンプでゲインリダクション-1db辺りのスレッショルド
レシオ6:1アタック、リリース10ms(最初より早くする)

どんな設定が良いか正解は自分で決めるしかないのでゲインリダクションみながら好みになるまで調整するしかない。
設定で音も変わってくる。
コンプレッサーの種類によってかかり方が違ったり歪み具合も違う。
・Opto
マイク録りした音とかアコースティクサウンドに向いている
・Fet
ロック系、エッジの効いたソリッドな音向け。
音ヌケを良くしたいときとかに。
・VCA
Optoに近いけど音が固く煌びやかになる。

それではまたいつかどこかでノシ